本文へスキップ

知力、努力、高い倫理・道徳観で奉仕活動を展開していく YAMATOMAHOROBA Rotary Club

会長挨拶ADDRESS

やまとまほろばロータリークラブ 2019−2020年度会長・今川 敦史


公共的イメージと認知度向上に向けて
           〜「Let’s move Forward」〜


 今年度、国際ロータリーマローニー会長は、「ロータリーは世界をつなぐ」をテーマに掲げられ、年次目標として、1.人びとが手を取り合うのを促す、2.行動する を挙げておられます。又、2650地区佐竹 力總ガバナーは、「伝統と革新〜世界はひとつ〜」をテーマに掲げられ、その基本理念は、「奉仕と親睦(友情)」であり、伝統は守るだけでなく、常に新たな挑戦を続けていくことであると述べられ、地区目標を挙げておられます。いずれも、2010旧戦略会議での、1.クラブサポートと強化、2.人道的支援の重点化と増加、3.公共的イメージと認知度の向上 の三つの優先項目を踏襲するものであり、ロータリー活動の起点になるものであります。
 当クラブは、創立5周年を迎えたばかりの若いクラブであり、新元号「令和」とともに新しい伝統を築いていくクラブであります。一方で、会員の高齢化、会員数の伸び悩みがあります。会員数50名を継続目標として取り組んでいきます。
 当クラブは、開設以来の取組である青少年育成事業を、更に、充実したものにしたいと考えています。この基盤となる年次基金、恒久基金、ポリオプラス、米山奨学金等への寄付を進めていきます。
 国際奉仕では、昨年ネパールでの水道事業を姉妹クラブのハワイ、ラファイナ・サンセットクラブと共同して行い、会員が世界とのつながりを実感したところであります。本年度は、地区補助金事業として、多くの人々や組織等各層の協力を得て、市民に参加していただく「青少年育成フォーラム」を開催し、公共的イメージと認知度向上を図ります。又、財団奨学金の申請を行い、奈良医大との連携による奨学生に応募して「ロータリー学友」の育成に努めていきます。
 当クラブは、財政的には決して恵まれた状況ではありませんが、会員のdiversity(多様性)を生かして、知恵を出し合い、心豊かなクラブライフを楽しみながら、充実したクラブ運営を心がけたいと思います。「Let’s move Forward〜皆で前進しよう〜」をテーマとして、新しい伝統に向かって進んでいきたいと考えます。皆さま、よろしくお願いします。


やまとまほろばロータリークラブ

〒633-0091
奈良県桜井市桜井194-2
駅前グリーンビル 5F 502号室

TEL 0744-47-2158
Fax.0744-47-3640